2012年7月 5日
バラの谷に行って来ました。
お久しぶりです。井野洋子です。

私は5月上旬にダマスクローズを求めて、モロッコのエルケアアムグナ村に行って来ました。そこは10世紀に巡礼者がメッカからダマスクローズをこの地に持ち帰って以来、バラの栽培が盛んです。
エルケラアムグナ村では年に1度、バラの収穫に合わせて『バラ祭』が開催されており、私が行った時にも大変な人で賑わっていましたよ。あたりはバラの甘い香りに包まれていました。

今回の旅の目的の一つに、そのエルケラアムグナ村のバラ水の蒸留工場見学があり、とても楽しみにしていたんです。それというのもバラ水はサロンでのお手入れの仕上げに使っているからでして、作り方に興味深々です。

img11.jpg
img12.jpg





img15.jpg













bara-10.jpgのサムネール画像
出来上がったバラ水。
バラ2500本に対して出来る量は1~2滴。
貴重なバラを大量に使うので純粋なバラ水は大変高価です。
天然のバラ水はナチュラルで優しい香り。

バラ水は、化粧水としてはもちろん目薬・ノド薬、芳香剤・リネンウォーターなど使い方はさまざま。モロッコではエッセンスとして料理にも使うんですよ。皆さんもぜひ生活に取り入れてみて下さいね。


img16.jpg




ちょっと一息。
本場タジン鍋を使った手料理をごちそうになりました。
とっても美味しかったです。


bara-12.jpgのサムネール画像













さらに庭に生えているミントでお茶もいただきました。


« 気の流れをチェック!! 『五臓五色--ビューティチェック』イベント | メイン